脱OL!アロマサロン開業

【アロマ014】脱OL!「いつかは自宅でマンションの一室で自分のサロンを持ちたい!」アロマサロン開業サポートについて

人気の記事
いいね 7
脱OL!アロマサロン開業
「いつか自宅でアロマサロンを開業したい」「自分のリラクゼーションサロンを持ちたい」
エステの実務経験がある方や、リラクゼーションのお仕事をしたくて、いずれ独立を…と考えている方も少なくないでしょう。
 
長く勤めた会社を辞め、趣味や得意なことで開業する女性が増えているのはご存知でしょうか?これこそ脱サラではなく「脱OL」!
好きなことや得意なことで幅を広げて、ビジネスにしてしまうということなんです。
 
女性は結婚・妊娠・出産によって、生活環境が大きく変わります。その環境の変化によっては、会社勤めを辞めざるえなくなることもあるでしょう。もし労働時間に束縛されずに好きなことで収入を得ることができたら素晴らしいことですよね。
 
その中には、手芸雑貨・イラスト・デザイン関連でフリーランスになった女性も多くいらっしゃいます。オリジナルの物づくりが好きな方だったら、わざわざお店で販売しなくても営業で売り込みをしなくても、ネットひとつで販売することができるんです。ちょっと始めた趣味の販売が忙しくなり会社を辞めてしまった人もいるとか。
 
また、カフェやパン屋の開業も人気ですが、お店として成り立たせるために多額の設備や内装の開業資金が必要になります。初期資金だけではなく、毎日のランニングコストも重なり、黒字経営になるまでは時間とお金がかかるかもしれません。
 
そこで、今女性の開業で人気なのが「アロマサロン・リラクゼーションサロン・ボディケアサロン」です。精神的なストレスに悩む人が多く、とてもニーズのある仕事で、開業しやすいのが特徴です。特別に国家資格が必要なわけでもなく、自宅の一室やマンションの一室をサロンにし、スタートできます。※治療行為・マッサージ行為(厚生労働省マッサージの定義「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」)は国家資格が必要です。マッサージという表記にも注意が必要です。
完全予約制にすると、電話予約・メール予約の入った時間のみ仕事になります。突然の来客の対応に戸惑うことがないので安心です。
 
ただし、開業しやすいため、競合が多いのが難点です。Facebookやブログで小さなところから始めるのもよいのですが、売上をプラスにしていくにはホームページを制作したり、広告掲載をしたりも必要ですし、なにより競合がたくさんありますので、お客様は料金・技術・雰囲気など比較し優れている方を選ぶでしょう。競合とどう違いを出していくかがとても重要になります。
 
そういった部分でサポートしてくれるのが、法人経営されているアロマサロン店です。フランチャイズ展開や独立開業のサポートをしてくれるお店もあります。
広告の出し方、経営の仕方など成功事例を持っていますので、研修を受け、技術能力・経営能力を高めることができます。その後の開業サポート支援もしてくれますので、非常に心強いでしょう。